FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳をつんざくような

虫の鳴き声。街中にいると心地よく聞こえるものですが、とっぷりと日の暮れた山道の帰り道は真夏の朝のセミの合唱のような不快。まるで超音波攻撃をくらってるかのような‥
ちょっと種類は異なりますが公園のハト避けのような耳の痛さ。
車の窓を締めればよいのですが、船と道具を担ぎ上げての帰り道、汗ばんだ身体を冷やすため、窓はフルオープン。そこはこちらが我慢するところなのかも。次に繋げる求愛行動、生命の強さは虫の勝ち。流すBeastie Boysの音量を少し上げても周波数が違うのでキンキンきます笑
「うるせーな」と思いつつ今まさに己の集大成と言わんばかりの虫の'全力'を前に恥ずかしさを覚えました。
つい先ほどの台風絡みでどうなってるか覗きに行ったリザーバーはまだ夏の様子を残していました。回るお寿司屋さんで粉を入れ過ぎ、溶け残っているお茶のようなアオコの膜。

普通に見れば水質の悪化。
エラ呼吸で生きるものにとっていいはずはない。しかし、出るは出るはのオンパレード。
しかし、匹数だけの話し。良型はかすりもせず。ま、経験上なんとなーく予想はできましたが笑。
これ、解決の糸口が見つからないんですよね。
なぜおチビはこんなに元気なの?
小さい時期は虫であれ人であれ魚であれ無知で元気なもの。
大きいのはより過ごしやすい場所にいてる?
でもそれは擬人化してやないか?
しかしエラ呼吸する魚同士、サイズでなんでこうも差が出る?
あきらかに今のはよさそう、なバイトは1度もない。
それでいて層になるほどのアオコ膜ではやはり出ません。
表面でのアオコ滞留が無いエリアではバイト多発、これは間違いない。
いわゆる水通しの良いエリア。
水色自体はあくまでクリアー。しかしアオコの粉がサスペンドしている状態は一周回って全域を確認。
そんな超シンプルで少しでもマシな場所、という現実的な事なの?
ではなぜ良型が出ない?
一通りのルアーの強さ弱さ×スピードの速さ遅さは試した。
で、結果が上記の感じでワザとバラしも含め15本ほど、全て30センチ無い。

こんな数や技術で把握できるなんて思ってはいませんが、実はたまたまお腹すいてるやつが出てるだけの話し?
なんですかね?
次は、冷えが進んでアオコが沈殿分解してどうなるか、ですね。透明度はジンクリアではないですが視覚優先での追ったりやめたりはしてるのでタイミング外さないように気温を気にしておこうと思います。
自分が通う山間部でも帰り道の気温計は10度代に入っております。
で、元々透明度のあるリザーバーではアオコ膜がルアーのシルエットをボカす役目の効果が働いているのかも?
以下、無限ループ‥
唯一できるのは見続ける事ですね、それしかないです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。