記事一覧

S.O.B

2017OUTING楽しかったですね。
釣りやアウトドアを遊び尽くすための蚤の市。
身近にこんなシーンがあるのはとても幸せな事です。
そんなイベントに合わせ、製作したS.O.Bと名付けたペンシルベイト。
今持てるアイデアを合わせてこねくり回した結果生まれました。
日本人によって生み出されたルアーの革命機構、重心移動システムに自分のアイデアを盛り込み、水の自動注水式にしてみました。
従来の使用中の不慮の事故によって起こってしまう浸水による機能低下を最初から水と直接触れるようにして長年の使用に耐えられる事が可能になりました。
また、カバープレートで表面にフタをしている状態なので極限まで低重心化が可能になり、ルアーの動きにもロッドアクションに機敏に反応してくれ性能が飛躍的に向上しました。
レール状の溝を彫ってありますのでアクションする度にせわしなくウェイトが動きまわります。リグ下にあるような半固定ではなく自由に動く範囲とある程度の制御によって多彩なアクションが出るようにしてあります。是非、技を尽くして遊んでみてください。
重心ウェイトはそのままラトルの機能ももたせてありますのでいわゆるワンノッカータイプの音が出ます。幾分、水没状態で鳴るため、人からすると聞こえにくいかもしれませんが、水に直接触れているところから水中へはそのラトルとしての意図は影響を与えているはずです。音質や音量はまだまだ改良の余地あり、です。
すでに更にトンがったモデルは存在しているのですがうるさすぎてリリースしていいものだろうか‥と。
残念なのは水と直接触れるため、錆に強い材料、つまり高比重タングステンしか使用がほぼ無理なこと。
すごい高価なんです‥泣。
木製品はノンラトルになりがちですが(厳密にいうとフックとボディの接触音等、完全な無音はありえませんが)一風変わったこの機能をポジティヴに楽しんでいただけたら、と思います。自然下では「絶対釣れる」はありえません。
利点はそれだけでなく、カバープレートは取り外しできますので浮き角度を中に収めてあるタングステンウェイトの変更によってある程度好みの状態に変えられるのも強みです。
針の強度アップにしても線形の太いモデルを付けた場合、重量の増加からフローティング性能に影響が出てしまいますが、ある程度はウェイトの変更によっての性能の低下を防ぐことができます。
基本はガマカツさん、オーナーさん、デコイさん等選択肢はありますが、一律#3番がルアーサイズ的にも適合しております。スプリットリングは2番か3番がいいでしょう。
デメリットについて。
まず後方重心のためかなり気持ちのよい飛距離を見せてくれます。他社の立ち浮き姿勢のペンシルベイトにも当てはまることですがよく飛ぶということは飛行スピードも上がっているのでミスキャストによる硬いストラクチャーへの瞬間的加重には弱さが目立ちます。メンテナンス性や強度不足、また製作都合を考慮した結果スイベル式にしてありますが、接触による破損(いわゆるお尻が千切れる)にはご注意下さい。どうしても弱い部分に衝撃が集中すると使用不可になってしまいます。
「いわゆる”ぶち込み”はなるべくしないように、キャスティングは注意を払ってプレゼンテーションするようお願いいたします」。
また、スイベル式は「引っ張られたら力を逃す方に働く」ので根掛かりした場合スイベルが逆の意味で働き、ほぼ回避できません(船寄せて手で外さなければとれない)。魚の口にかかっている場合にはテンションさえ抜かなければ絡み続ける事になりバレはかなり減ります。
S.O.B.の性質を活かすなら柔らか目で、張りのあるロッドをお勧めします。やはりカーボン性に軍配が上がります。ラインはできたら、ですがPE+ナイロンリーダー(ヒトヒロ)が安定してます。
スナップ、リング等の使用をお勧めします。
ラインさばきは水を叩くように、切るようにしてみてください。現代のプラスティック製ペンシルベイトの方向を目指しております。
要はやはり注水式重心移動兼ラトルシステムなのですが手前味噌ながらかなりこの機能は優れており、様々なこのシステムを応用した試作を試しております。
バスメタルサウンドについてはまた書きます。
箇条書きですみません。また思いついたら書き加えをしようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント